banner

MESSAGE

社長挨拶

img 01

「構造の美」の精神

私たちがつくっているのは、人々が憩い、暮らす場所です。建築は構造物であるだけでなく、そこに生きる人々と共に時を重ね、風景にとけ込み、やがて思い出の一部となっていきます。設計とは、未来描く仕事であると同時に、過去をも築く仕事なのです。つまり、建物には社会の共有財産としての側面がある、ということです。ですから依頼主はもちろん、地域の人々からも受け入れられる懐の広さが必要となります。かといってあれもこれもと詰め込んでしまっては、すべてが中途半端になってしまいます。

私たちが志すのは、しかるべき「構造美」に主軸を置いた建築。なぜその姿になったのか、なぜその構えになったのか。そこにあるべくして存在する建築です。例えば、自然の造形は美しい。山や川は、風雨や重力にさらされながら、自然の摂理に応じた姿形を作り出します。動物や植物は、進化の過程の中で、生き延びるために最も適した美しさを獲得してきました。自然の造形は、構造的・力学的に無理のない、理にかなった姿。だからこそ、私たちは美しさを感じるのです。建築もまた、同様です。その建物の目的や規模、立地などの条件を勘案し、明確な合理性に沿って構成要素を見極めること。構造体と意匠を融合させ、主観や流行に左右されない普遍的な構造美をデザインとして表現すること。そうすることで、風土や環境に調和しつつ、人々の暮らしに寄り添う建物を実現していく。それが、私たちが目指すアプローチです。

個々の発想力がチームワークを高める

いうまでもなく、会社の原動力となるのは社員ひとり一人の力です。AISには、年齢や性別、経験年数にとらわれず、だれもが率直に意見をぶつけ合える社風があり、個々の感性を活かすチャンスに満ちています。会社規模もほど良く、目指すべき方向を全員が共有できるため、スタッフそれぞれが守備範囲をクロスオーバーさせながら、建物の価値を最大化する設計を追求しています。私たちは、そのような中から芽生える「独自性」や「創造性」を何よりも重要視しているのです。

また、地球レベルの課題として持続可能な社会の実現が叫ばれるようになり、次世代をも見据えた環境性能と、資源を浪費しない管理性能が、建築の世界においても求めらています。

状況が目まぐるしく変化を遂げる中、私たちAIS設計も新たな息吹をもたらす人材を必要としています。型にはまった考え方では新しい発想は生まれません。変化を恐れず果敢にチャレンジする仲間と共に、私たちも成長していきたいと願っています。

次の時代を見据え、AISでは新しい価値創造に向けた準備を始めています。当社の強みを活かした独創性あふれる設計を通じ、社会へ貢献し続けることこそ、これからの私たちの目標です。

AIS総合設計株式会社
代表取締役社長
佐々木 宏幸

img 02 img 03

MISSION

ミッション

建築を通じ、
時代を超えた価値を創造する。

Create
The Environment

理にかなった美意識を創造する知性と、
人々の暮らし方、生き方に共鳴する感性。
その志を支えるのは、前に進み続けようとする情熱です。
私たちは、既成概念にとらわれず、あらゆる領域を行き交い、
より豊かで快適な社会環境を提案していきます。

Design
The Future

建築の本質性は、表面上のデザインや一時の流行ではなく、
普遍の価値観の中にこそ見出せるもの。
それは次世代へと受け継がれ、やがて文化へと昇華します。
私たちの技術と表現が生み出す本質的な価値を通じ、
確かな未来へとバトンを
つなぎます。

Promise
The Best Quality

社会に必要とされる存在であり続けることを目指して。
私たちは、イノベーティブな発想力を研ぎ澄まし、
時代が求める品質を追求していきます。
そして、ともに今を生きる企業市民としての責任を認識し、
誠実で倫理的な企業活動を約束します。

SERVICE

サービス

意匠設計(統括)

多数の建築賞を連続受賞するなど高く評価されるAISの意匠設計力。構造・設備・監理・営業も含めた幅広い視点から、設計目的に最適なプランを策定し、実務段階でも何度も社内検証を重ねることで、高い設計精度を実現しています。

構造設計

意匠設計、設備設計と連携。構造美を活かしたデザインと快適性を両立しつつ、構造種別や工法ごとの最適解を導きだし、耐震強度を満たす性能を実現します。調査診断での経年変化のデータを基に、完成後まで見据えた提案も行います。

設備設計

意匠や構造と調和した設備計画を実施。明るさや空調など快適性を決定づける重要な設備を、周辺への影響なども踏まえた包括的な視点から検討し、環境への負荷や建物の維持コストの低減にも寄与するプランを提案しています。

リニューアル

事前診断を綿密に行い、建物の状態を正確に把握することで、目に見えない部分まで含めた改修プランを提案。耐震性や機能、設備、内外装などのアップデートはもちろん、環境性能やユニバーサルデザインの要望まで柔軟に対応します。

監理業務

工事状況と設計図書を照合し、建物の品質と安全性をチェック。契約工期や法規を遵守するため、施工者に指示や助言を行います。設計者と施工者の間に立つ「第三者監理」では、公正公平な立場で客観的な監理を実施します。

調査診断

30年もの実績に基づく正確な調査により、構造躯体・内外壁・設備などの経年変化や設計自体の問題点を抽出し、中〜長期的な保全プランを策定。適確な調査診断による改修は、ランニングコスト削減や資産価値向上にも寄与します。

都市開発

地権者や行政、ディベロッパー、建設業者などの関係者と緊密に連携し、大局的な観点から開発事業を推進。計画・調査・設計を通じ、将来まで見据えた都市空間の有効活用を提案し、持続可能型の街づくりに貢献します。

環境・品質

環境に関する「ISO14001」と、品質管理に関する「ISO 9001」を統合取得し、1つのシステムとして確立。また、人と環境に優しい低環境負荷型施設の実現のため、「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」にも対応可能です。

ファシリティマネジメント

総合設計事務所として培った確かな技術力と実績を軸に、土地建物の管理や設備投資など、不動産に関わるトータルコストを低減。保有する施設の統廃合や有効活用、建物の長寿命化などを提案し、資産価値の最大化を支援します。